【ラクロス】日本TOPレベル選手の壁打ちメニュー|隼要チャンネル

ラクロスyoutuberの隼要チャンネルさんの動画から『壁打ちのメニューとポイント』について解説します。

『隼要チャンネル』とは…
社会人チームFalconsに所属する石黒 哲雄選手、竹村 彰央選手の二人が運営するyoutubeチャンネル
日本のトップチーム選手の日常が見られる
 
『壁打ち』とは…
高架下などの壁面に対してボールを投げ、返ってくるものをキャッチする最も基本的な自主練習
 
『石黒哲夫選手』とは…
明治大学出身、現在は社会人チームFalconsに所属。日本代表にも選出されている。
ポジションは点取り屋のアタック(AT)としてプレーしている。

メニュー

○壁あてメニュー
・正面
壁と正対して正面に投げる

・クローズ
壁に対してクロスを持つ手が壁から遠くなる方向に90度横を向いた状態で体を捻りながら投げる

・オープン
横の動きを加えつつ投げる手と同じ側の足を踏み出しながら投げる

・ショベル
壁に対してクロスを持つ手が壁から近くなる方向に90度横を向いた状態で足元から掬い上げるようにして投げる

・ビハインド
壁に対してクロスを持つ手が壁から遠くなる方向に90度横を向いた状態で背中側を通して投げる
Point テイクバックの際に下の手を胸側にクロスを伸ばすイメージに変更すると投げやすくなった

・クイック
クレードルを入れずにキャッチしてからなるべく早く投げる
Point クリースの選手には欠かせない技術だそうです

片手で壁打ちをするメリット

上の手でボールを押し出す感覚が身につく
引きキャッチができるようになる

動画内での壁うちの様子は1:30~4:10に見られます

【動画発信者のプロフィール】
隼要チャンネル(はやぶさかなめチャンネル)
石黒哲夫(Tetsuo Ishiguro) Falcons所属、明治大学卒
竹村彰央(Akio Takemura) Falcons所属、立教大学卒
YoutubeInstagram

関連記事

  1. 【男子ラクロス】オススメのパスキャッチメニュー|史上最強の世代

  2. 【ラクロス】もうDFの存在は関係ない!?ビハインドパスの習得法|篠原怜選手

  3. 持ち替え 名城大学

    【男子ラクロス基礎】持ち替え編|名城大学男子ラクロス部

  4. 【自主練メニュー】ステップ系ラクロスドリル|Top 3 Speed Drills

  5. 【ラクロス】今日からグランドで使えるラクロス豆知識|史上最強の世代

  6. 【ラクロス】ロッカーダッヂのやり方

  7. 【男子ラクロス】ロングスティックのチェックで意識すること|金山暖選手

  8. 【ラクロス】無限に伸びる!?スタンシューの撃ち方のコツ|森航大選手

  9. 【ラクロス】パスの練習メニュー6選|lacrosse_practice_menu