【ラクロス】壁打ち練習メニュー&Tips紹介①|POWLAX

ラクロスyoutuberのPOWLAXさんの動画から『Lockdown Wall Ball | Week 1 | Lacrosse』を紹介します。
こちらの動画では、グラウンドを利用できない期間中壁打ちだけでラクロスを上手くなるための練習メニューが詰まっています
壁での自主練習でもっと効果的にラクロスを上達させていきましょう

『POWLAX』とは…
アメリカの有名ラクロスYoutubeチャンネル
戦術解説やメニュー紹介など幅広い情報を提供している
有料会員というのもあり、より詳細な解説などを見ることができる

Day0|クイックパス

クロスを短く持ちキャッチからスローまでをできる限り早く行うメニューです
右手5回→左手5回をクレードルなしで連続して行っています

これはオプションのドリルだと述べられていますので気軽に挑戦してみてください

Day1|片手ビハインドパス

この日は片手でクロスを持ち、背中側でパスを出す練習です
ただし頭の上ではなく足元で出しているのが特徴的です

スティックワークをつけてあらゆる場所でクロスを扱うために役立つ練習だと思います

Day2|アラウンド・ザ・ワールド

この日はアラウンド・ザ・ワールドパスの紹介です
アラウンド・ザ・ワールドパスとはクロスを背中の後ろを通し、クロスを持つ上手側の肩越しにパスを投げる技術です

・フェイスダッヂをしてクロスを下手側に持ってくる
・クロスのボトムを壁に向ける
・ヘッドを持ち上げるようにしてパスをする

Day3|持ち替えパス

この日はキャッチの後にクロスを持ち替えて素早くパスする練習の紹介です
両手20回(計40回)をミス無く連続してできるかどうか挑戦してみてください

Day4|ショベルパスとビハインド・バック・キャッチ

この日はショベルパスをした後に自分の背面でキャッチするメニューの紹介です
背面キャッチをできるのはイチロー選手だけだと思っていました、、、。

ショベルパスの投げ方はこちらの記事を参考にしてください

投稿者もこのメニューは難しいものだと述べていますので諦めずに挑戦してみてください

Day5|フリップスルーパス

この日はフリップスルーパスの練習の紹介です

・上手はヘッドのすぐ下を持ちクロスを回転させる
・下手はクロスの真ん中あたりを持つ
・クロスを回転させながら、上手を下手の下に移動させてクロスを振る時にボールを前方向に出す

実戦で使うパスではなさそうですがスティックワークを高めるためにやってみましょう

Day6|スコーピオンパス

この日はスコーピオンパスの紹介でした
スコーピオンとはサソリのことでサソリの尻尾のように背中側にクロスを持ってきてボールを出す練習です

・頭の上に手が来るようにクロスを背面に持っていく
・足元にバウンドするようにしてボールを地面に向かって投げる
・股の間を通してボールを壁に向かって出す

これも実戦で使うパスではなさそうですがスティックワークを高めるためにやってみましょう

Day7|スコーピオンパス2

この日はスコーピオンパスの紹介でした
スコーピオンとはサソリのことでサソリの尻尾のように背中側にクロスを持ってきてボールを出す練習です
前日に比べてさらにサソリに近い体勢で投げる練習でした
これも実戦で使うパスではなさそうですがスティックワークを高めるためにやってみましょう

・クロスを片手で持ち体の前でボールを軽くトスする
・トスしたボールをキャッチした流れのままクロスを股下に通す
・股下に通すために丸めた背中の上を通るようにパスを出す
・強いパスは出せないので普通の体勢に戻ってから落ち着いてキャッチする

いかがだったでしょうか
実践的なパスの練習よりもスティックワークを高めるためのメニューが多かったです
クロスを自在に操れるようになるために是非今後の自主練習に取り入れてみてください

関連記事

  1. 【女子ラクロス】パスキャッチ練習メニューまとめ

  2. 【ラクロス】ショベルパスの投げ方

  3. 【女子ラクロス辞典】壁打ちの種類大全集

  4. 【ラクロス】クロスハンドパスの投げ方

  5. 【男子ラクロス】壁打ちルーティーン|Joey Sankey

  6. 【ラクロス】ビハインドパスの投げ方

  7. 【ラクロスゴーリー】壁を使ったゴーリーの反応練習|Tim Troutner

  8. 【女子ラクロス】タバタ式壁打ちウォームアップ|Taylor Cummings

  9. 【ラクロス】日本TOPレベル選手の壁打ちメニュー|隼要チャンネル