【ラクロス】ポークチェックのやり方

今回はチェックスキルの中からリフトチェックについてご紹介します。

基本情報

・poke(=突く)というその名の通りのチェック
・胴の高さ(シャフトの中央)にチェックをする
理由は、高すぎれば頭に、低すぎれば脚に当たってしまいファールになってしまうからだ。

使い時

・オフェンスがクロスを体の前の空間を通そうとする時
→例えば、フェイスダッヂやスプリットダッヂをする時

注意点

・クロスを出す際、一緒に脚を踏み出してはいけない。
理由は、後ろにステップできなくなり、オフェンスに抜かれてしまう危険が生じるからだ。
そこで、脚を踏み出さずに重心を保ったままこのチェックを行う必要がある。

今回はポークチェックについてご紹介しました。
このポークチェックを上手く使うことでオフェンスのダッヂバラエティを制限できると紹介されています。
ぜひ有効に使ってください。

関連記事

  1. 【ラクロス】SSDFでボールダウンさせる!?上1on1の守り方|蜂谷亜連選手

  2. 【ラクロス】キレで差をつける!!ダッヂ練習|lacrosse_practice_menu

  3. 【ラクロス】アイスピックチェックのやり方

  4. 【ラクロス】ボールを守るキープの極意|鈴木翔太選手

  5. 【ラクロス】練習外で強くなる!?強い組織を作るTIPS|lacrosse_practice_menu

  6. 【ラクロス】バンプ&ランダッヂのやり方

  7. 【男子ラクロス】オススメのパスキャッチメニュー|史上最強の世代

  8. 【ラクロス】キャッチを上達させるための自主練習|石黒哲雄選手

  9. 【ラクロス】マイルズ・ジョーンズをも倒した上1on1の守り方|竹内 豪選手