【ラクロス】日本代表ゴーリーのセーブ法を大解剖|服部俊介選手

ラクロスyoutuberの AgoLaxChannelさんの動画から『日本代表ゴーリーのセーブ法を大解剖』について解説します。

『服部俊介選手』とは…
早稲田大学卒の服部俊介(はっとり しゅんすけ)選手。
社会人チームStealersに所属。どんさんと呼ばれている。
ポジションは最後の守護神であるゴーリー(G)としてプレー。

ポジショニングの基礎

シューターとゴールの中心を結んだ直線上に自分の体の芯を合わせる。

最初は無意識の内にポジショニングがずれてしまうので、意識しなくても正しいポジションをとれるように反復する。
その過程では、ずれていた時に他の人に指摘してもらうことが大切。

ポジショニングのTips

・足の動かし方
クロスはせずに細かいサイドステップを踏む
理由はステップを踏んでいる間にシュートを撃たれるのをなるべく防ぎたいから

・まくりシューに対して
前に出るメリット
股下が撃ちづらくなりコースが限定される

前に出るデメリット
クロスをミドル側に伸ばせる場合だと角度を作られてゴールを空けることになる

したがって、ホットが飛んでいて撃つ場所が明確な時は前に出る一方で、基本的には待つ。

ファー下へのシュートの止め方

クロスを最短距離で動かすことが重要。
そのために、①クロスを両手で動かす②体全体もシュート方向に動かす
↓→のように二段階でクロスが動くことは避けたい。しかし、両手の力を使えていないと最短距離でクロスを動かすことはできない。

嫌なタイプのシューター

・同じ振りで撃ち分けられる(=コースがわからない)
・タイミングが分かりづらい
クレードルが少ない(=いつでも撃てる)、独特のリズム(=いつ撃つかわからない)
・キャッチから撃つまでが早い(準備が間に合わない)

【動画発信者のプロフィール】
AGO LAX CHANNEL(アゴラックスチャンネル)
鈴木潤一(Junichi Suzuki) Stealers所属、早稲田大学卒
YoutubeTwitterInstagram

関連記事

  1. 【ラクロス】マイルズ・ジョーンズをも倒した上1on1の守り方|竹内 豪選手

  2. 【ラクロス】SSDFでボールダウンさせる!?上1on1の守り方|蜂谷亜連選手

  3. 【ラクロス】得点を量産する”スタンシュー”の撃ち方のコツ|立石真也選手

  4. 【ラクロスゴーリー】サイドチェンジに合わせたポジショニング|Tim Troutner

  5. 【ゴーリー】 ゴーリーの構え|Tim Troutner

  6. 【ゴーリー】ゴーリーリアクションスピードアップの練習

  7. 【ラクロスゴーリー】壁を使ったゴーリーの反応練習|Tim Troutner

  8. 【女子ラクロス】ゴーリーのフィールドプレー|SELLのラクロススキルアップ講座

  9. 【ラクロスゴーリー】ウォークラインドリル|Tim Troutner