【ラクロス】アゴラク流 フェイクなし!動き出しでDFを躱す “初速ダッジ” の方法|AgoLaxChannel

ラクロスyoutuberの AgoLaxChannelさんの動画から 『アゴラク流 フェイクなし!初速でDFを躱す(かわす) “初速ダッジ” の方法』について解説します。

『初速ダッジ』とは…
アゴラックスチャンネルの鈴木選手が命名した “フェイクなし” でDFと対面した際の初速でDFを躱す(かわす)ダッジのこと。
男子ラクロスでも女子ラクロスでも使えるスキル。

◆初速ダッジの方法

①ダッジに入る前は脱力するイメージ

②ダッジ1歩目はDFに対して内側の足から出す(DFに背中を向けるイメージ)
 →ダッジ中にDFと接点を持った際に体がブレず次のステップにいきやすい。
 →内側の足を出すことにより、DF→自分の体→クロスとなり、クロスが隠れチェックされるのを避けられる◎

③時間的ロスを減らすために、内側の足を出すときは、足を大きく上げない!(忍者のように摺るイメージで)
 →前に出す足とは逆の足で力強く踏み込むことで、前に出す足が出やすくなる

◆初速ダッジTIPS

・初速ダッジをするスタート時は、クロスを両手でしっかりと持つ
 →DFの動きを見て、自分のいく方向付けをするため、どちらかサイドにクロスを持っていると、次の動きに行きにくいため

・ダッジ後は、クロスをDFから隠して、DFからのチェックを防ぐことを意識する
 →DFを抜くにつれて、クロスを体の横に持ってくるイメージ
 →完全にDFが抜けたらクロスは自分の体の前に持ってくる

・初速ダッジの間合いは、(鈴木選手は)ショートスティック1本分程度
 →これは人それぞれなので、自分でDFを想定して間合いを調整してみましょう。

【動画発信者のプロフィール】
AGO LAX CHANNEL(アゴラックスチャンネル)
鈴木潤一(Junichi Suzuki) Stealers所属、早稲田大学卒
YoutubeTwitterInstagram

関連記事

  1. 【ラクロス】日本代表ゴーリーのセーブ法を大解剖|服部俊介選手

  2. 【男子ラクロス】Paul Rabil選手のオフシーズン練習方法

  3. 【ラクロス】得点を量産する”スタンシュー”の撃ち方のコツ|立石真也選手

  4. 【ラクロス】SSDFでボールダウンを狙う方法|鈴木翔太選手

  5. 【ラクロス】ランシューのポイント|鈴木翔太選手

  6. 【ラクロス】クエスチョンマークダッヂのやり方

  7. 【ラクロス】スタンダードパスの投げ方

  8. 【男子ラクロス】キャッチのコツ・ポイント|史上最強の世代

  9. 【ラクロス】裏1on1のダッヂ|鈴木翔太選手