【ラクロス】パスフェイクのし方

今回はパス大全集の中からパスフェイクについての動画を紹介します。

『パスフェイク』とは…
クロスの動きでパスをするふりをすること。
DFを騙すことができればOFを有利にすすめることができる。

パスフェイクの種類

1、リストフェイク
→トップハンドの手首だけを返して行う。
素早く動かすことができる

2、フルターンフェイク(手首とクロスのヘッドを全て返す)
大きく動かすことでDFを惑わせることができる

3、オーバーザトップフェイク(ボトムハンドをメインに使う)

4、オープンフェイク(1〜3までのフェイクと逆方向にスティックを回す)
→1~3を組み合わせることでより効果的にDFを惑わせることができる
※一回のフェイクをした後に次のフェイクまでの間に時間を置いてしまうとDFに余裕が生まれてしまうので連続性を意識する。

今回はパスフェイクについてご紹介しました。1on1の途中、ゴール前など様々な場面で使える技術ですので是非練習してみてください。

関連記事

  1. 【ラクロス】日本TOPレベル選手の壁打ちメニュー|隼要チャンネル

  2. 【男女ラクロス共通】初心者向け|パスメニュー②

  3. 【ラクロス】ショベルパスの投げ方

  4. 【ラクロス】スタンダードパスの投げ方

  5. 【ラクロス】パスの練習メニュー6選|lacrosse_practice_menu

  6. 【女子ラクロス辞典】壁打ちの種類大全集

  7. 【ラクロス】もうDFの存在は関係ない!?ビハインドパスの習得法|篠原怜選手

  8. 【女子ラクロス】パスキャッチ練習メニューまとめ

  9. 【男子ラクロス】アラウンドザワールド習得法|篠原怜選手