【ラクロス】もうDFの存在は関係ない!?ビハインドパスの習得法|篠原怜選手

ラクロスInstagramer史上最強の世代から『ビハインドパス』を紹介します。
DF選手は正面から向かってくることが多いため、背中側を使うことで選択肢が大きく広がります!この投稿でぜひ習得方法を学んでいきましょう。

『篠原怜さん』とは…
2017年東北大学卒の篠原 怜(しのはら れい)さん。
17,18年シーズンは東北大学でコーチを担当。19年シーズンは社会人チームValentiaに所属。
ポジションは点取り屋のアタック(AT)でプレー。
Instagramアカウント史上最強の世代でラクロス情報を発信している。

『史上最強の世代』とは…
篠原怜さんが一年生指導の内容を発信するために立ち上げたInstagramアカウント。
怜さんが指導した1年生チームのスローガンが「東北大学の史上最強の世代」であったことからこの名前がついている。

『ビハインドパス』とは…
自分の背中側でクロスを扱ってパスする技術。
DF選手は正面から向かってくることが多いため、背中側を使うことで選択肢が大きく広がる。

習得ステップ1

 

習得ステップ2

 

習得ステップ3

 

実践での使い所

 

参考動画

Paul Rabil選手によるビハインドパスの解説動画です

今回は「ビハインドパス」についてまとめました。是非学んでいきましょう!

【発信者プロフィール】
篠原 怜(しのはら れい)
東北大学男子ラクロス部OB / クラブチーム VALENTIA OB
Instagram

関連記事

  1. 【ラクロス】無限に伸びる!?スタンシューの撃ち方のコツ|森航大選手

  2. 【ゴーリー】家で出来る自主練メニュー|スティックスキルアップ編

  3. 【男子ラクロス】1on1 DFの基本|史上最強の世代

  4. 【女子ラクロス辞典】壁打ちの種類大全集

  5. 【ラクロス】ノールックパスの投げ方とコツ

  6. 【男子ラクロス】まくりシュートの習得法|篠原怜選手

  7. 【男子ラクロス】オススメのパスキャッチメニュー|史上最強の世代

  8. 【女子ラクロス】パスの基礎技術|SELLのラクロススキルアップ講座

  9. 【ラクロス】グラボ後を有利に!!ブロークン想定練習3選|lacrosse_practice_menu