【ラクロス】ラクロス初心者の第一歩!!基礎技術のやり方|鈴木潤一選手

ラクロスyoutuberの AgoLaxChannelさんの動画から 『ラクロス初心者の第一歩!!基礎技術のやり方』について解説します。

『鈴木潤一選手』とは…
2018年早稲田大学卒の鈴木潤一(すずき じゅんいち)選手。
社会人チームStealersに所属。ポジションは点取り屋のアタック(AT)でプレー。
AgoLaxChannelの動画投稿者としてハイレベルなラクロス情報を発信している。

ラクロスの重要技術

1.クロスの持ち方
2.パスの構え方
3.クレイドルのやり方
以上3つについての解説がなされている。

1.クロスの持ち方

Point1 手のひらに生命線に沿うようにクロスを置く
Point2 優しく握る。野球のバットを握るようには握らない
Point3 下の手はクロスを補助する程度の力で握る

2.パスの構え方

Point1 トリプルスレットポジションで構える
※トリプルスレットポジションとは…パス、シュート、ダッヂ全てができるクロスの位置のこと
Point2 上の手は顔の横くらいの位置
Point3 クロスの下端(エンド)をパスしたい方向に向ける
Point4 エンドの位置をみぞおちの前に位置させる

3.クレイドルのやり方

Point1 指先でクロスを軽く揺らして遠心力を感じる

鈴木選手のコメント

クロスの持ち方には正解はないものの、基本を身に付け、自分なりに派生させることが重要になります。
最終的な目標はどんな投げ方でもいいから、相手のBOXに、相手が欲しいタイミングで、相手が取りやすいスピード(さらにDFにカットされないスピードで)投げることが個人的に正解であると思っております。
基礎を身につけましたら、様々なバリエーションに挑戦していきましょう!

是非動画をご覧ください!

関連記事

  1. 【ラクロス】オフボールOFのポイント解説|鈴木翔太選手

  2. 【男子ラクロス】第30回全日本選手権大会 決勝戦 ハイライト

  3. 【ラクロス】オーバーヘッドチェックのやり方

  4. 【男子ラクロス】チーム練習メニュー|オフボール編

  5. 【ラクロス】裏1on1で絶対に抜ける男の考えていること|小笠原 圭允選手

  6. 【男子ラクロス】グースダッヂ|篠原怜選手

  7. 【ラクロス】リフトチェックのやり方

  8. 【ラクロス】ツイスターショットの撃ち方

  9. 【男子ラクロス】1on1 DFの基本|史上最強の世代