【男子ラクロス】2018年男子世界大会 決勝戦 ハイライト動画

今回は2018年男子ラクロス世界大会の決勝のハイライトをご紹介します。
みなさん、覚えていますか?この試合、、、
対戦カードはカナダ代表 対 アメリカ代表。
カナダが終始得点上はリードしつつも、どちらが勝つかわからない試合でしたね。カナダが得点した後はアメリカが必ず得点をとり、、、
4Q残り4分でアメリカが得点をとり、同点。
そこから試合時間残り5秒でアメリカ代表のRob Pannell選手のフィードからTom Schreiber選手のカットインでの得点で試合終了の笛が鳴りました。
試合最後のカウントダウンのタイマー問題はありましたが、決勝にふさわしい試合だったと思います!

アメリカ代表は 過去13大会中、10回目の金メダルを獲得となりました。

関連記事

  1. 【ラクロス】裏1on1のダッヂ|鈴木翔太選手

  2. 【男子ラクロス】ファイナライザーダッヂ|Joey Sankey

  3. 【男子ラクロス】グランドボール・応用編|史上最強の世代

  4. 【ラクロス】リフトチェックのやり方

  5. 【ラクロス】無限に伸びる!?スタンシューの撃ち方のコツ|森航大選手

  6. 【男女ラクロス共通】数的有利の練習メニュー

  7. 【ラクロス】裏1on1で絶対に抜ける男の考えていること|小笠原 圭允選手

  8. 【男子ラクロス】|篠原流持ち替えの極意|史上最強の世代

  9. 【男子ラクロス】グースダッヂ|篠原怜選手